Posted:
ユーザー合意ポリシー(英語)は、ヨーロッパ連合 EU からのトラフィックがあるサイトに適用されるもので、ユーザーにデータ利用の許可を得ていただくよう、サイト運営者様にお願いしています。

ユーザー合意ポリシー施行の背景:
ヨーロッパ連合のデータ保護機関より、ユーザーの合意の取り付けに関する商慣行を一部変更するよう要請がありました。Google は一貫してプライバシー関連の法規制を遵守する方針であるため、Google のサービスや、サービスを利用するパートナー様にも変更を適用することを決定しました。

サイト運営者様の対応方法:

ヨーロッパ連合のユーザーがアクセスするサイトの場合、EU ユーザー合意ポリシー(英語)に準拠するため、設定をしていただく必要があります。詳細については、ヘルプセンターのよくある質問(英語)と、新ポリシー遵守のために設置された専用サイト「Cookie Choices」をご覧ください。


Posted by Jason Woloz - ポリシー プログラム マネージャー
2015 年 7 月 29 日

Posted:
編集者より: 昨日は、Google が不正操作(無効なクリックなど)を深刻な問題と考える理由と、AdSense ポリシーによるオンライン広告エコシステムの保護についてご紹介しました。今回は、アカウントを良好な状態に維持するための 7 つのおすすめ方法をご紹介します。
  • Google アナリティクスを活用して、サイトにアクセスしたユーザーとトラフィックを把握しましょう。
  • 分析データをこまめに確認して、トラフィックの異常を検出しましょう。アナリティクスのカスタム アラートを設定しておくと、予期しない国からの異常なトラフィックの検出が大変便利です。
  • トラフィックを購入する場合は細心の注意を払い、トラフィック サービス業者のチェックリストを参考にして契約を検討している業者と話し合いましょう。
  • 広告配置は入念にチェックし、コードにエラーがないか、AdSense のポリシーに準拠しているか、さまざまなブラウザや端末で正常に動作しているか確認しましょう。広告がページ上に適切に設定されていれば、ユーザーが誤って広告をクリックするのを防ぐことができます。
  • サイトの認証機能を使用して、広告コードの無断使用を防ぎましょう。
  • テスト目的であっても、ご自身で自分の広告をクリックしないでください。ご自身のサイトに表示される広告をクリックすることは禁止されています。自己クリックを防ぐために、Google サイト運営者向けツールバーを使用してください。
  • サイト上で不審な操作を検出した場合は、無効なクリックに関するお問い合わせフォームからご報告ください。

Posted by John Brown - AdSense ポリシー広報責任者
2015 年 7 月 29 日

Posted:
編集者より: 2 回目となる今回は、Google AdSense ポリシー広報責任者 John Brown が、無効なクリックなどの不正操作とその防止方法、よくある質問について解説します。

まずは、オンライン広告のエコシステムについてあらためて確認しましょう。サイト運営者様、広告主様、Googleの関係は、相互の信頼の上に成り立っています。強固で有益なエコシステムを構築するには、次の要素が不可欠です。
  • システムを信頼し、使い心地の良さを実感しているユーザー
  • オンライン広告に安心して投資できる広告主様
  • ビジネスを維持できるサイト運営者様
このような関係を維持するには、広告のクリックが、ユーザーの純粋な興味や関心によるものであることを確認することが重要です。そのため、Google ではグローバル チームを設置してトラフィックを監視し、広告主様に無効なトラフィックの費用が発生しないように対処しています。

続いて、サイト運営者様からよくいただく質問に回答していきます。

なぜポリシーを守らなくてはいけないのですか?
サイトに広告を掲載するには、このネットワークに対する広告主様からの信頼を獲得する必要があります。Google のポリシーは、こうした広告主様、そして最終的には私たちと連携するサイト運営者様をも保護するために作られています。

不正操作により支払い対象外となった収益は、どのような扱いになりますか?
不正操作により発生した収益は、Google が保持せず、広告主様に返金されます。2014 年には、検出された不正操作に由来する収益 2 億ドル超を広告主様に返金しました。また 16 万以上のサイトを無効にし、エコシステムを保護しています。

ポリシーに関するお知らせを改善するために、Google ではどのような対策を講じていますか?
Google では、データ保護を目的として大部分のポリシーに関する通知を機密情報として取り扱っています。この決定は、Google が不正操作を発見する方法を犯罪者に特定されないように、データを保護することが重要であるという判断に基づくものです。また、Google では広告主様とサイト運営者様の保護に悪影響を及ぼすことなく、連絡や情報通知に関する透明性の向上に日々取り組んでいます。ポリシーに準拠したまま、より細かくコンテンツを制御するのに役立つ新機能を追加する予定ですので、ご期待ください。

Google は今後、ポリシーに関するコミュニケーションを強化していく予定ですか?
広告配信の警告や停止、アカウントの無効化など、Google からのポリシーに関するコミュニケーションについて改善をするべきだと認識しています。これこそが私の職務です。多くの人々と協力して啓蒙活動の強化に取り組むとともに、Google から送信されるメッセージをよりわかりやすくするための改善を図っています。ポリシーの明確化、わかりやすく効果的なお知らせを実現することで、サイト運営者様がより的確に現状を把握できるようになることを目指しています。

Posted by John Brown - AdSense ポリシー広報責任者
2015 年 7 月 28 日

Posted:
AdSense 収益の「見積もり額」と「確定額」が違っていたことはありませんか?これは、お客様のサイトで無効な操作(誤クリックなど)が発生した場合、その分を差し引き、最終的な金額を決めるためです。

減額の内訳を詳しく知りたい、という多くのお客様からのご要望に応えるため、管理画面での表記を改善しました。5 月のお支払い履歴より、無効な操作が原因の減額分をご確認いただけます。たとえば、収益の見積もり額が 1,100 ドルで、確定額が 1,000 ドルだった場合、見積もり額(1,100 ドル)から減額分(100 ドル)が差し引かれ、確定額(1,000 ドル)となったことが以下のように表示されます。

2015-07-27_16-44-25.png

収益の見積もり額と確定額があまりにも異なる場合、広告の配置に特に注意を払い、サイトでの無効な操作を防ぐようにする必要があります。なお、無効な操作が不自然に多い場合は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

Posted by Justin Chu - AdSense プロダクト マネージャー
2015 年 7 月 27 日

Posted:
2014 年までにモバイルがデスクトップのインターネット アクセスを追い抜く」*という見出しがメディアを賑わせたのは数年前。今やその転換期を過ぎ、モバイル端末における AdSense の表示回数は前年比 70% 増に達しています。そんな今だからこそ、マルチスクリーンに対応したウェブサイト作りがこれまで以上に重要、そして必須になってきます。なぜ今すぐマルチスクリーン化に向けたアクションを起こすべきなのか?3 つの理由をまとめました。

1. モバイル版 Google 検索のアルゴリズムが変わりました
先日、当ブログにてお知らせしたように、Google の検索結果のランキングを決める要素の 1 つとして、マルチスクリーン対応度が追加されました。これにより、モバイル端末に対応しているウェブサイトは非対応のサイトに比べ、モバイル ユーザーに見つけてもらいやすくなります。このアルゴリズムの変更に伴い、ユーザーの目に触れにくくなるモバイル端末非対応のウェブサイトが、アクセス数や AdSense の収益という点で長期的な影響を受ける可能性があります。

2. マルチスクリーン対応の成果を実現するウェブサイトが増えています
マルチスクリーン対応には時間がかかりますが、費やした時間に見合う価値があります。マルチスクリーン対応したサイトより、アクセス数やサイト滞在時間の増加、AdSense のパフォーマンスの向上などといった目覚ましい成果が続々と報告されています。digiSchoolFamous BirthdaysThriftyFun.com をはじめ、マルチスクリーン対応の成功事例をご覧ください。

3. ポリシー対策をサポートする豊富な関連情報が入手できます
小さな画面での広告配置など、ポリシー違反への懸念がマルチスクリーン対応に踏み切れない原因になっているかもしれません。そこで、ウェブサイトをモバイル端末向けに最適化するにあたって気をつけるポイントを、ヘルプ センターに新しくまとめました。

マルチスクリーン戦略を進めるにあたって、マルチスクリーン対応ガイドラインを今一度ご確認ください。このガイドには、マルチスクリーン対応の基本から実践まで、知っておきたい必要な情報がすべて揃っています。

*出典: Mary Meeker 氏、2012 KPCB Internet Trends Year-End Update


Posted by Maiko Fujita - マルチスクリーン ストラテジスト
2015 年 6 月 1 日

Posted:
Nursingcrib.com は、看護学生のために補助資料を提供しているサイトです。Michelle さんと夫の Deric さんは、インターネットを活用して看護学生のためにより良いシステムを提供したいという思いからサイトの運営に携わり、今では世界中からアクセスを集める人気サイトとなっています。ご夫妻は AdSense 広告収入で念願の家をフィリピンに建て、家族を養いながら、フルタイムでウェブサイトの運営しています。そんなおふたりに起業のヒントを伺いました。

ビデオは英語の字幕と共にご覧いただけます

Michelle: Nursingcrib.com は私の経験がきっかけで生まれました。私は 2004 年から 2006 年にかけて副専攻で看護学を学んでいたのですが、当時看護学は非常に人気が高く、私の大学では、およそ 90% の学生が履修していました。はじめは、ブログを書いて自分と同じような看護師志願者と意見を交換したいと思っただけでした。それが、ケアプラン、課題、図表などをアップロードしたところ、たちまちアクセスが殺到したのです。その後、年 2 回の看護師試験合格者名を公開すると、さらに人気が高まりました。

AdSense の支払いがはじめてされたときには、ふたりとも副収入が得られて大喜びでした。2008 年には、夫がコールセンターの仕事を辞めても十分に暮らしていける収益が得られたので、専業でウェブサイトの管理をするようになりました。周りの人たちには、私たちが失業したと思われていたようです。毎日家にいて、パソコンの前に座っているのですから。若すぎるから無理だ、あるいは海外で働いた経験もないから無理だと言われたこともありました。でも今なら、その助言は間違いだったと断言できます。

サイトを運営していく上で、どんな課題にぶつかり、どのように克服しましたか?
Deric: 最大の課題は、サイトをユーザーに知ってもらうことでした。はじめは簡単だと思っていましたが、途方もなく大きなインターネット コミュニティの中で、数ある有名ウェブサイトと競わなければなりません。そこで、新規サイトのマーケティング方法を学びました。これをきっかけに、どのような障害でも乗り越える自信がついたと思います。一夜にして成功を収めることはできないことを学びました。夢を実現するには、時間と努力の積み重ねが必要なのですね。

AdSense を通じて夢を叶えられた皆様のお話もお聞かせください。こちらよりご投稿いただけます。


Posted by Michelle and Deric Bartolome - Nursingcrib.com 共同創設者
2015 年 5 月 12 日



Posted:
AdSense をご利用いただくにあたって、お支払いのスケジュール収益をアップする方法モバイルサイトの作成方法など、さまざまな疑問をお持ちかと思います。今日は、皆様のフィードバックをもとに改善されたヘルプ資料とサポート オプションを、改めてご紹介します。

ほとんどの回答は AdSense ヘルプセンタートラブルシューティングに記載されていますが、AdSense ヘルプ フォーラムでもサイト運営者様同士で質疑応答や意見交換ができます。

このほか、AdSense ヘルプセンターに個別サポートが受けられるお問い合わせ窓口を設けました。1 週間あたり 25 ドル(または現地通貨の相当額)の収益が発生しているサイト運営者様は、AdSense サポート チームによるメール相談サービス(日本語対応)をご利用いただけます。必ず AdSense に登録された Google アカウントにログインした状態で、ヘルプセンターをご覧ください。 

ヘルプセンターやフォーラム以外にも、下記資料をぜひご活用ください。

Posted by Saurav Roy - Google AdSense サポートチーム
2015 年 5 月 11 日

Posted:
編集者より: 本日より「教えて!Google AdSense 先生」と題して、Google AdSense プログラム ポリシーの謎をスペシャル ゲストと一緒に解いていきます。第 1 回目は、Google AdSense ポリシー広報責任者 John Brown がゲストです。

サイト運営者の皆様、こんにちは。はじめに、ユーザーに役立つコンテンツを日々発信し、さらにプログラム ポリシーに添って Google AdSense をご利用いただき、ありがとうございます。

プログラム ポリシーは、ユーザーの皆様、広告主様、サイト運営者様のいずれにとっても有益なエコシステムを維持することを目的に作られています。一方で、もっとポリシーについてわかりやすく説明してほしい、というご意見もしばしば寄せられます。こういったご意見に応え、さらに皆様の疑問を解決するため、今後何回かにわたって AdSense ポリシーの詳細をご紹介していきたいと思います。

私(John Brown)は、サイト運営者様関連のプロダクトのポリシー広報責任者を務めています。ビジネス開発、マーケティング、商品開発といった部門のリーダーとして、14 年間以上デジタル広告に携わってきました。このようなバックグラウンドからも、サイト運営者様が日々直面する課題について私自身も経験しており、ビジネスの構築と強化、広告主様の保護、持続可能なソリューションのサポートに情熱を感じています。チーム全体と一丸となって、皆様から信頼されるパートナーになることが目標です。

1 回目の今回は、AdSense プログラム ポリシーの基礎をおさらいしましょう。

  • Google はサイト運営者様のコンテンツを大切にしており、ポリシーに合わせてコンテンツを検閲することは決してありませんが、広告主様への責任を果たす義務があります。AdSense のポリシーに沿わないコンテンツを投稿・保持される場合には、そのページから AdSense 広告コードを削除しましょう。Google の役割はあくまで、皆様のオンライン ビジネスの運営と成長をサポートすることにあります。
  • トラフィックやクリック率の推移を定期的にチェックして、無効なクリックに目を光らせましょう。
  • 違反通知へのお申し立ては、こちらの手順をご確認ください。違反しているページから広告を削除するか、ポリシー違反を解決していただければ、いつでも申し立てを行っていただくことができます。皆様からいただく申し立てはすべて担当チームが確認しており、できる限り 72 時間以内に返信しています。

今後も Google AdSense プログラム ポリシーに関する皆様の疑問にお応えしていきます。引き続き Inside AdSense ブログにご注目ください。


Posted by John Brown - Google AdSense ポリシー広報責任者
2015 年 5 月 5 日