株式会社イードの Google AdSense を使った収益化戦略 - 最適化のヒント

全 2 回にわたってお届けする、株式会社イードの収益化戦略について、今回はおすすめの最適化のヒントや今後の展望について伺いました。


収益性以外で Google AdSense のおすすめポイントがあれば教えてください。
管理画面が充実していることが気に入っています。迅速にデータを分析し対応をしたいときに、Google AdSense の管理画面は非常に便利です。我々はサイトごとに収益を計上する必要があるので、カスタム チャネルを活用して、サイトごとに一括でレポートを出しています。次に、メディア側で管理画面から直接広告タグが発行できることも重要だと思っています。A/B テストの際などにタグを複数発行するので、自分でタグを発行できる機能があると、待ち時間が無くテストを迅速に実施できるので大変助かっています。

Inside AdSense の読者の皆様におすすめの最適化のコツを教えてください。
私達は、以下 3 点を意識して広告を配置しています。
  • コンテンツの切れ目、読了のタイミング:
    • 読者の方がサイトに来た目的を達成してから広告を見てくださることが良いと思っています。
  • 広告のバランス:
    • 広告の固まりのようなエリアは作らないようにしています。広告ばかりが目に入ってくると、ユーザーがその領域を無視してしまうので、広告の数の割に収益性につながりません。
  • 広告の配置:
    • 広告が過剰に多いサイトにならないために、効果が高い場所にのみ広告を設置し、効果が低い場所の広告枠は削除することを試しています。収益性を維持するのが前提ではありますが、データをきちんと取りながら、ユーザーにとってもベストな配置を見つけていけたらと思います。

今後御社はどのように Google ディスプレイ ネットワークを活用されていく予定ですか?
AdExchange をもっと積極的に活用していこうと思っています。AdExchange に移行し、細かな最適化を実施することで、RPM が 20~30% 向上しました。今後は、Google とのプライベート マーケット プレイス*での取り組みを拡大していきたいと思っています。これまでと違う広告枠の販売方法なので、今後の展開を期待しています。

最後に、これから Google AdSense を利用される皆様、ご利用中の皆様に一言頂けますか?
収益性という観点から、Google AdSense を選択肢に入れない手はないと思っています。これからウェブに注力されるというサイト運営者の皆様は Google AdSense を軸に、収益性のテストを行ってみてはいかがでしょうか。


Posted by 藤吉 普人, ストラテジック パートナー マネージャー
2015 年 3 月 30 日

時刻 11:02

株式会社イードの Google AdSense を使った収益化戦略 - A/B テスト

“次世代の出版社” をモットーに、数々のサイトを手がける株式会社イードに、Google AdSense を使った収益化戦略についてお話を伺いました。全 2 回にわたってお届けするシリーズの第 1 弾は、A/B テストについて詳しく教えていただきます。

  • 姜 圭司様:新規事業統轄本部 本部長
  • 渡邊 吉保様:メディア事業本部 メディア事業部 システムエンジニア
  • 三枝 新様:メディア事業本部 システム事業部 Web アナリスト

DSC01040 copy.jpg
  • 自動車関連のニュースを中心に扱うサイト
  • 月間 5,000 万ページビュー
  • 40 代の男性読者が中心

  • IT とエンタメに特化したサイト
  • 月間 2,000 万ページビュー
  • IT 系は 40 代男性が多く、エンタメ系は 20~30 代の男性・女性
  • スマートフォン向けゲーム中心のニュースサイト
  • 月間 1,000 万ページビュー
  • 10~30 代男性中心

  • PC ゲーム・海外のゲームが中心のサイト
  • 月間 800 万ページビュー
  • 年齢層が若い男性

御社のこれまでの歩みを教えてください。
紙の媒体ではなく、インターネットがこれからのメディアの中心になると信じて、イードを設立しました。創業当時は ”次世代の出版社” というキャッチ フレーズをいつも使っており、そこに創業時の想いが表れています。

2000 年に RBB TODAY の運営を開始してから、その後レスポンスインサイドシネマカフェアニメ!アニメ!などのサイトを数々譲り受け、サイトのラインナップが豊富になってきました。弊社では、編集長にも一緒に参画してもらうことを非常に大切にしてきました。サイト設立をしたときの熱い気持ちや経験を活かしつつ、収益化・分析を専任のアナリティクス  チームが請け負うことで、読者の皆様に喜んでもらえるコンテンツ作りに集中してもらえると考えています。一方でリセマムなど、弊社が一から作り上げるサイトも大切にしています。

Google AdSense をどのように活用していますか?
もともとは、純広告の空き枠の収益化を目的として広告ネットワークを使っていましたが、ユーザーに最も適した広告を自動で配信できる広告ネットワークが今後は中心になると判断し、注力し始めました。

2012 年頃は 20 程の広告ネットワークを活用している状況でした。収益が最大化されているか分からなく、管理が煩雑になる問題があったため、広告ネットワークの選定から始めました。その際にパフォーマンスが最も良かったのが Google AdSense だったので、Google AdSense を基準に収益が高い広告ユニットにおいてテストを続けた結果、2 年後にはほとんど全ての広告枠が Google AdSense に変わっていました。

御社は広告のレイアウト変更の際に積極的に A/B テストを行っていると伺いました。効果的な A/B テストの実装の秘訣は何ですか?
スピード感を重視して、「このサイト レイアウトが良い」という情報が入ればすぐにテストを行います。また、データ(インプレッション)の量が重要だと考えています。例えば、 2,000 万ページビューある RBB TODAY でテストを行うときは、はっきり分かる違いが出るまで 1 日で完了します。結果に差が見えない場合は 1 週間かけてテストを行います。その他に、エンジニアに分析やテストを任せているのも特徴だと思います。技術的に詳しいエンジニアをもっとパフォーマンスに近い所で活動させるのが、企業に取って大きなプラスになると考えています。

A/B テストはどのような単位・範囲で実施されますか?
広告全枠でテストを実施するのは大変なので、収益が高い枠を選んで、まずはそこでのみ A/B テストを行います。収益が高い枠は重要なので、複数パターン用意をして、最も高かったパターンを採用することもあります。

最近行ったサイト レイアウトの変更で良かった例を教えてください。
レスポンスのスマートフォン レイアウトで、記事下のレクタングル 300x250 をソーシャルボタンの下に置いていたのですが、記事とソーシャルボタンの間に移動しました。小さな変化に見えるのですが、変更前後で 1,000 ページビューあたりの収益(RPM)が約 70 %向上しました。テストで検証後、このレイアウトを採用しています。

2015-03-26_11-46-49.pngeeee.png

続きはこちら >>


Posted by 藤吉 普人, ストラテジック パートナー マネージャー
2015 年 3 月 30 日

時刻 11:00

「広告を閉じる」機能の性能が向上しました

Google ディスプレイ ネットワーク広告の上部隅に表示されるミュートボタン「×」をクリックすると、その特定の広告がユーザーに表示されなくなる機能をご存知ですか?

「広告を閉じる」機能はユーザーの意思表示の手段であり、特定の広告に関心がないことを示すことができます。これにより、広告主は無意味な広告掲載を回避してコストを削減でき、結果的にサイト運営者様にも高い成果を見込める広告(ユーザーが興味のある広告)だけをサイトに表示できるようになります。

最初のリリースから数年間、Google では「広告を閉じる」機能や YouTube TrueView 動画広告など、ユーザーに広告表示や再生の判断を任せる機能を積極的に導入してきました。さらに広告エコ システムの質を高めるため、この度新しいアップデートを追加しました。

新しくなった「広告を閉じる」機能では、ユーザーが「×」をクリックして簡単なアンケート(任意)に答えると広告が表示されなくなり、広告掲載スペースが縮小されて、周囲のコンテンツがそのスペースを埋めるようになります。


このアップデートにより、好感度の低い広告や配置を把握でき、サイトにユーザーに好まれる広告のみを表示できるようになります。


Posted by Michaela Aiello - プロダクト マネージャー
2015 年 3 月 5 日


時刻 12:47

バレンタインに向けての 4 つの準備

いよいよバレンタイン デーが近づいてきました。バレンタインに向けてショッピングを予定しているユーザーのうち 25% は、オンラインで購入すると見込まれています。* 広告主は 2 14 日に向けて多くの広告予算を投入するため、サイト運営者の皆様にとっては収益アップの絶好の機会となります。

以下、バレンタインの盛り上がりを最大限に活かすための 4 つのヒントをまとめました。

1. 広告をページあたり 3 つまで表示
収益向上に最も効果的な方法、それは掲載する広告数を増やすことです。ページあたり、コンテンツ向け AdSense  3 つまで配置できます(リンク ユニットも 3 つまで)。ユーザーが求めているコンテンツをきちんと表示しながら、目線が自然と集まる場所に広告を配置するのが秘訣です。

2. サイトに合った広告の配置
もう一度ユーザーの視点に立って、どんな情報を求めてきているのか、サイトのどこに視線が集まるか、使いやすい導線になっているか考えてみましょう。ヘルプセンターでもユーザーを意識した広告配置を見つけるヒントをご紹介しています。ニュース サイトからゲーム サイトまで、様々なタイプのサイトでのベスト プラクティスもご覧いただけます。

3. テキスト広告とイメージ広告の表示
テキスト広告とイメージ広告の両方を表示することにより、広告単価を決めるオークション プレッシャーが高くなるため、収益アップを見込むことができます。まずは様子を見たいという方は、管理画面内で簡単に設定できる A/B テスト機能を使ってデータ計測してみましょう。

4. モバイル ユーザーを意識したサイト構成
昨年のバレンタインには、全体のインターネット トラフィックのうち 36.8% がモバイル端末から発生しました。**プレゼントの購入、出かけ先からの検索が増えることが予想されますので、モバイル ユーザーの使い心地を意識した導線、サイトの構成を意識しましょう。


Posted by Maiko Fujita - Inside AdSense チーム
2015 年 2 月 11 日

時刻 15:23

最新のウェブ開発に役立つ Web Fundamentals と Web Starter Kit

モバイル端末の登場により、ウェブを通じてユーザーとの新たな接点が生まれ、新しい画面サイズ、入力方法などが導入されてきました。この新たな領域に対応すべく、Google Developers チームでは、ウェブマスター向けに役立つ情報やツールをまとめた Web Fundamentals と Web Starter Kit のベータ版(英語)を開設しました。

Web Fundamentals は、フレームワークやブラウザの種類を問わずあらゆる環境で参考にしていただけます。レスポンシブ レイアウトフォームとユーザー入力タップパフォーマンスの最適化など、数多くのサイト制作に役立つ情報を取り上げています。

Web Starter Kit はモバイルに最適化されたサイトを構築する際に使えるツールで、動作も早く快適です。ビジュアル スタイルガイドなどの便利な機能が含まれており、ご自身のサイトに実装することもできます。

web-starter-kit.gif

Web Starter Kit では高度な専門知識が必要となります。内容が技術的すぎてついていけないと感じられた場合は、モバイル対応のサイト構築をお手伝いする推奨ベンダーのリストをご覧ください。

経験豊富なウェブマスターの方は、翻訳を提供したり、Web Fundamentals GitHub に質問を投稿するなどしてコンテンツ作りに参加していただくこともできます。今後も、引き続き最新のコンテンツをリソースしていく予定ですので、お楽しみに!


※こちらのブログは、Chromium ブログに投稿された記事を元に編集したものです。

Posted by Matt Salisbury - マルチスクリーン スペシャリスト
2015 年 2 月 9 日

時刻 17:22

成功に向けた連携 - 認定パートナーと AdSense のノウハウを蓄積し業務効率化を実現したサッカーキング

前回に続き、Google AdSense 認定パートナーと連携して、Google AdSense でさらに収益を向上したサッカーキングの事例をご紹介します。   

サッカーキングは、サッカー文化の普及啓発を理念に、全世界のサッカー試合結果、チームや選手の情報、インタビュー記事を掲載しているサッカー ポータル サイトです。月間 1,900 万人ものユーザーが訪れるサッカーキングは、サイト運営や企画に専念するため、効率的に広告運用の効果を上げる方法を模索していました。

SOCCER KING.png

Google AdSense 認定パートナーの中でも、特に中立的で専門性が高いという理由から、 FourM と広告運営に本格的に取り組むことに決めました。広告ユニットの管理から、広告配置の最適化、さらに他社広告ネットワークとの効果測定比較にわたって、きめ細やかな運営をしていったことで、以前と比較してサイトのページ ビューは 2 、また全体の AdSense 収益は 5 にまで改善されました。(成功事例の全文はこちら

Google AdSense 認定パートナーとの連携にご興味のある方は、サポート内容や、世界中で登録されている認定パートナーのリストをご確認ください。


Posted by Alicia Escriba - Inside AdSense チーム
2015 年 1 月 7 日

時刻 14:58

世界各地の Google オフィスで AdSense のトップレベル ユーザー向けのイベントを開催

昨年 Google 本社で開催された年次イベントのトップレベル ユーザー サミットには、各種プロダクトのヘルプ フォーラムで活躍されているトップレベル ユーザーの皆様にご参加いただきました。そして今年も、AdSense ヘルプ フォーラムを含むすべてのヘルプ フォーラムのトップレベル ユーザーの皆様を、世界 17 カ国の Google オフィスにご招待しました。

この機会を利用して、日頃より AdSense ヘルプ フォーラムに寄せられた質問に回答してサイト運営者様をサポートしていただいている AdSense のすべてのトップレベル ユーザー、注目ユーザー、エキスパートの皆様に感謝の意を表したいと思っております。皆様のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。

東京で開催された日本語 & 韓国語のフォーラム向けのイベントの様子

AdSense のトップレベル ユーザーに関心をお持ちの方は、トップレベル ユーザー プログラムの詳細をご確認のうえ、AdSense ヘルプ フォーラムでの活動を開始してください。


Posted by Eri Shikamura - AdSense サポート チーム
2014 年 12 月 12 日

時刻 11:00

検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために

スマートフォンなどのモバイル端末で Google の検索結果をタップした時、表示されたページのテキストが小さすぎたり、リンクの表示が小さかったり、またはすべてのコンテンツを見るには横にスクロールしなければならなかったりといった経験はありませんか?これは主に、サイトがモバイル端末での表示に最適化されていないことが原因です。

Google では、ユーザーが目的の情報をより簡単に見つけることができるようにするために、モバイル版の検索結果に [スマホ対応] というラベルを追加します。


この変更は、今後数週間で順次日本を含む世界中で公開する予定です。Googlebot によってクロールされ、以下の条件を満たしたページは、[スマホ対応] ラベルが適用される可能性があります。
  • モバイル端末では一般的でないソフトウェア(Flash など)を使用していないこと
  • ズームしなくても読めるテキスト サイズを使用していること
  • ユーザーが横にスクロールしたりズームしたりする必要がないよう、コンテンツのサイズが画面のサイズと一致していること
  • 目的のリンクを簡単にタップできるよう、それぞれのリンクが十分に離れた状態で配置されていること
ページがモバイル フレンドリーの条件を満たしているかどうかを確認するには:
Google ではこのラベルを、モバイル ユーザーにさらに優れたモバイル ウェブ エクスペリエンスを提供するための第一歩と考えています。また、このモバイル フレンドリーの条件をランキング要素として使用することも実験中です。

ご不明な点やご質問がありましたら、ウェブマスター ヘルプ フォーラムまでお寄せください。また、モバイル対応に関しての様々な情報がまとまっているマルチスクリーン ガイドもぜひご活用ください。Google の願いは、モバイル フレンドリー サイトが今後ますます増えていくことです。すべてのユーザーが快適に利用できるウェブを作り上げていきましょう!


Posted by Ryoichi Imaizumi and Doantam Phan - Google Mobile Search
2014 年 12 月 11 日

この記事はウェブマスター向け公式ブログをもとに投稿しています。

時刻 11:00