Posted:
本日 2015 年 10 月 1 日、新しい「サイト運営者向け認定パートナー プログラム」をリリースしたことをお知らせします。
Screen Shot 2015-09-18 at 10.48.39 AM.png
サイト運営者向け認定パートナーとは、AdSenseDoubleClick for PublishersDoubleClick Ad Exchange についての豊富な知識と経験をもとに、サイト運営者様のサイト収益化と、運営効率化をサポートする、Google のパートナー企業です。初めて広告を掲載する方から、高度な設定に挑戦する方まで、認定パートナーが皆様一人ひとりの目標達成をお手伝いします。認定パートナーのノウハウを活かして、広告収益の効果を高め、新たなコンテンツの作成とユーザーの獲得に集中していただけます。

高品質な広告管理とサポート
AdSenseDoubleClick for PublishersDoubleClick Ad Exchange のエキスパートとして、次のようなサービスを提供させていただきます。
  • 広告設定、実装、A/B テストのサポート
  • 広告のカスタマイズ
  • モバイル、ウェブ、アプリ、レスポンシブ デザインの開発
  • コンテンツ フィルタ サービス
  • 動画向けのプラットフォームと収益化ソリューション

信頼できるビジネス パートナー
Google は、さまざまな条件を満たした厳選された企業だけをパートナーとして認定しています。サイト運営者の皆様に満足いただける、信頼できるビジネス パートナーとしてお考えください。プログラムの詳細や日本でサービスを提供しているパートナーをぜひご覧ください。

認定パートナーを見つけましょう *

フィルターを使って「日本」を選択していただきますと、日本でサービスを提供しているパートナー一覧をご覧いただけます。

Posted by Sahar Golestani - SMB パブリッシング マーケティング マネージャー
2015 年 10 月 1 日

Posted:
シリーズ 4 回目となる今回は、Google AdSense ポリシー広報責任者 John Brown が、ポリシーに関する警告メッセージを受け取った場合の対応方法について解説します。

警告メッセージとは何ですか?
警告メッセージは、サイトまたはサイト内のページが AdSense のポリシーに違反している場合に、サイト運営者様に送付されます。比較的簡単に修正できる小さな違反の場合は、まず警告をお送りすることになっています。

警告メッセージはどこに表示されますか?
警告メッセージは、登録されているメールアドレスに送付されます。連絡先メールアドレスは、アカウントの [個人設定] で管理できるので、普段使っているメールアドレスが登録されているか定期的にチェックしてください。また、未解決のポリシー違反がある場合、 [ホーム] タブのお知らせで確認することもできます。

警告を受けた場合はどうすればいいですか?
警告メッセージを受信した場合、次の手順に沿ってなるべく早く違反を修正してください。
  1. 警告メッセージに記載されている内容を注意深く読み、どのページの、どういった点がポリシーに違反しているか確認しましょう。
    • 取り急ぎの解決策として、違反しているページから Google AdSense のコードを削除することをおすすめします。サイト全体からコードを削除する必要はなく、該当するページから削除するだけで大丈夫です。
    • 該当するページから広告を削除することができない場合や、該当ページで AdSense を掲載し続けたい場合は、違反コンテンツを変更または削除してください。
  2. 複数ページでポリシー違反が発生している可能性もあります。Google からお送りする警告メールには違反ページの URL が記載されていますが、すべてのページがポリシーに準拠していることを必ず確認してください。
  3. 新しいコンテンツを追加する際は、追加するページの内容も Google のポリシーに準拠させてください。

違反修正はいつまでにすればよいですか?
警告を受け取ったら、すぐにポリシー違反を解決してください。違反を修正、または違反ページから広告コードを削除した後は、その旨を Google にご連絡いただく必要はありません。

警告メッセージの送付はどのような基準で行われているのですか?
広告配信の停止や警告メッセージの送付を無作為に行っているのではないかとお考えの方もいらっしゃいますが、実際にはそうではありません。ポリシー違反の判断は、定義されたガイドラインに沿って行われており、AdSense ヘルプセンターでどなたにもご確認いただけます。

事前に警告を送ることなく、サイトへの広告配信を無効化することはありますか?
状況によって、事前に警告を送ることなくサイトへの広告配信を停止せざるを得ないケースはあります。こういった対応が行われるのは、アダルト コンテンツ著作権侵害暴力的なコンテンツなど、過度な違反があった場合です。また、サイト運営者様に以前ご連絡した内容と同種の違反が見つかった場合、そのサイトへの広告配信を無効化することがあります。

無効化に対する異議申し立てを行い、広告配信を再開するにはどうすればいいですか?
ポリシー違反によってサイトへの広告配信が停止された場合、再開するには所定の手順に沿った手続きが必要です。まず、Google のポリシーに違反したページは、審査を受ける必要があります。このシリーズの過去の記事でもご説明したように、AdSense ポリシーは、広告主様への責任を果たすためのものです。よって、違反ページから広告のコードを削除し、広告が Google のポリシーに合わないコンテンツとともに表示されないようにしていただければ問題ありません。広告のコードを削除後、手順に沿って申し立てを行うことができます。このとき、Google AdSense のコードをサイトからすべて削除してしまうケースがありますが、違反のなかったページのコードはそのまま削除せずに申し立てを行ってください。

申し立てに説得力を持たせるために、変更内容と、今後同様の違反が起こらないようにするための防止策について、できるだけ詳しく記述してください。例えば、指摘されたページ以外で自主的に修正を行ったページの URL をいくつか挙げると効果的です。申し立てについて詳しくは、こちらでご確認いただけます。

ポリシー違反によってアカウントが完全に停止されることはありますか?
最も厳しい最終的手段として、アカウントを完全に停止するケースもあります。これは通常、きわめて重大な違反(違反サイトを複数所有している、ポリシー違反が繰り返し見られるなど)があった場合にのみ行われる措置です。


Posted by Jone Brown - Google AdSense ポリシー広報責任者
2015 年 9 月 24 日


Posted:
モバイル端末から、いつでも、どこでも使える AdSense アプリ(Android / iOS)をアップデートしました。マテリアル デザインを使用しており、以下の新たな機能も追加しています。

  • 収益に加えて、広告の表示回数、インプレッション収益(RPM)、クリック率を新たに表示。
  • 広告サイズ、広告タイプ、ネットワーク、ターゲット設定、入札方法、期間別にレポートを確認(Android 向け)。
  • iOS の「Today」ウィジェットでも、収益を表示。
AdSense アプリをまだご利用でない方は、この機会にぜひダウンロード(Android / iOS)してみてください。新しいデザインに関するご意見や、今後新たに追加してほしい機能がありましたら、お気軽にコミュニティまでお知らせください。


Posted by Daniel Kenyon-Jones - AdSense プロダクト マネージャー
2015 年 9 月 22 日

Posted:
DFP Small Business を導入してみたけれど、機能が多すぎて効果的な広告枠の収益化の運用方法がわからない」 という声をサイト運営者様からいただくことがあります。もっと DFP Small Business を身近に感じていただくため、先日 Google 東京オフィスにて、ワークショップ を開催しました。

ワークショップの前半では、純広告、自社広告、ネットワーク広告枠の収益最大化のために、DFP Small Business で実現できるベネフィットについてご紹介しました。DFP Small Business を効果的に活用することで純広告・空き枠を含めた広告枠の収益最大化と、管理コストの削減が実現できます。具体的には、余った広告枠の代替として AdSense を利用、また他ネットワーク広告と競合させることで、より収益性の高いネットワーク広告を表示することができます。特に、広告申込情報の配信優先度のタイプ設定の理解と、使用状況に合わせた適切な設定は、効果的な配信管理に不可欠です。

アドサーバーを利用して、最も収益性の高い広告を配信するための技術をダイナミック アロケーション(Dynamic allocation)と言います。今回のワークショップでは、ベーター版のエンハンスド ダイナミック アロケーションについてもご紹介をし、仕組みについて学びました。

後半では、DFP Small Business をご利用いただいている株式会社 nanapi アドテクガールの佐藤様にご登壇いただき、生活の知恵が集まるサイト nanapi で活用しているおすすめ機能を 4 つご紹介いただきました。

nanapi_sato.JPG
(株式会社 nanapi アドテクガール 佐藤様)

1. 純広告の販売過多を回避
予測機能を使用すると、広告枠を予約する前に、獲得できるインプレッションがあるかどうかを確認できます。また、配信インプレッションが足りないときには、配信カテゴリを拡大したり、在庫管理を楽にできます。nanapi では、純広告の受注状況に応じて配信のペースや枠数に変化をつけることで、純広告の配信トラブルを防いでいます。

2. パフォーマンスの良いクリエイティブを優先的に配信
1 つの広告申込情報に複数のクリエイティブが含まれている場合は、各クリエイティブの表示頻度を指定できます。DFP では 4 つの配信方法を選べます。nanapi のおすすめは、クリック率が最も高いクリエイティブを優先的に表示する [最適化] オプションです。
  • 均等: クリエイティブを均等にローテーション表示
  • 最適化: クリック率の最も高いクリエイティブを優先的に表示
  • ウェイト: 指定した頻度でクリエイティブをローテーション表示
  • 順次: 指定した順序でクリエイティブを均等にローテーション表示
3. ユーザーと親和性の高い純広告を配信
nanapi では、サイトに訪れるユーザーの分析を行い、時間帯地域OS・ブラウザを元に表示する広告の内容を細かく調整しています。そうすることで、より親和性の高い広告を掲載できます。

4. ページの内容に合わせて純広告を出し分ける
カスタム ターゲティングを使用すると、デフォルトでは用意されていない独自のターゲティング条件(年齢、性別、コンテンツなど)を定義できます。nanapi ではカテゴリやページに応じて広告の出し分けを行っています。特定のカテゴリに類似した広告や、訪れるユーザーと親和性の高い広告を掲載することで広告のパフォーマンスを高めています。

参加いただいた皆様からは、次のようなフィードバックをいただきました。
  • 在庫の予測機能は、純広告の販売において便利でぜひ使ってみたい。
  • クリエイティブ最適化機能は、広告申込情報に同じサイズのクリエイティブが複数ある場合、クリック率の最も高いクリエイティブを自動で表示できるので、純広告のクリエイティブ管理に効果的。
最後に、DFP Small Business 初心者の方に向けて、佐藤様よりコメントをいただきました。DFP は・・・できることが多い!やりたいと思った配信方法はたいてい設定可能です。始めは難しそうに感じてしまうだけです。使いこなすことができれば、やれることは無限に広がります。ぜひ一緒にマスターしていきましょう。」
DFP.jpg

Posted by 隅田裕也 - ビジネス デベロップメント マネージャー、高河夏子 - 収益化スペシャリスト
2015 年 9 月 4日

Posted:
以前ご紹介したマガジン スタイル広告がさらに進化した、リッチテキスト広告の導入を始めました。リッチテキスト広告は、テキスト クリエイティブをベースに、自動でイメージ広告のようなフォーマットに変化できるフォーマットです。また、テキスト広告のみしか出稿していない広告主様の広告も入札に参加させることができるため、サイトに掲載される広告の競争率が高まり、クリック単価の増加につながる可能性が高まります。
リッチテキスト広告はマテリアル デザインに基づいて作成されており、広告主様のロゴやイメージカラーが使用されるので、ブランドとの親和性が高くなります。これにより、広告の外観に対する意識が高い広告主様による広告掲載がさらに促進されます。

[テキスト広告とディスプレイ広告] または [ディスプレイ広告のみ] で表示する設定をしている広告ユニットにおいて、自動的にリッチテキスト広告が表示候補として加えられます。リッチテキスト広告を表示候補から外したい場合は、アカウントの [広告の許可とブロック] タブにあるエンハンスト ディスプレイ広告のオプションで、リッチテキスト広告を非表示にしていただけます。


Posted by Daniel Kaemmerer - AdSense プロダクト マネージャー
2015 年 8 月 31 日

Posted:
5 年前、日本でサイト運営者様向けに DFP スタンダードの提供を開始して以来、広告業界は大きな変化を遂げてきました。この変化に伴い、広告主様とサイト運営者様をつなげ、ユーザーがどこにいても指定したタイミングで、広告という大切なメッセージを届けることに Google は貢献してきました。今後さらにこのミッションを進めていくことを表すため、この度 DoubleClick ブランド ロゴを刷新しました。

dclk-logo-master-signature-1.png

今回のブランド ロゴの変更に伴い、DFP 製品の日本語での表記も変更しました。今後、「DFP スタンダード」は「DFP Small Business」に、「DFP プロ」は「DFP」として表記されます。今後も DFP Small Business では、中小規模のビジネス ユーザー様向けに、広告配信のニーズにお応えします。大規模で、より高度な機能を必要とされるビジネス ユーザー様は、DFP をお使いください。

dclk-logo-dfp-small-business.png       dclk-logo-dfp.png

DoubleClick では、広告主様、マーケター様やサイト運営者様が高度に接続された広告業界で成功していただけるよう、今後も引き続きより良い製品の開発に取り組んでいきます。今後も DoubleClick をよろしくお願いします。


Posted by Carrol Lapsys - アジア太平洋地域 プロダクト スペシャリスト リード、DoubleClick for Publishers
2015 年 8 月 6 日




Posted:
ユーザー合意ポリシー(英語)は、ヨーロッパ連合 EU からのトラフィックがあるサイトに適用されるもので、ユーザーにデータ利用の許可を得ていただくよう、サイト運営者様にお願いしています。

ユーザー合意ポリシー施行の背景:
ヨーロッパ連合のデータ保護機関より、ユーザーの合意の取り付けに関する商慣行を一部変更するよう要請がありました。Google は一貫してプライバシー関連の法規制を遵守する方針であるため、Google のサービスや、サービスを利用するパートナー様にも変更を適用することを決定しました。

サイト運営者様の対応方法:

ヨーロッパ連合のユーザーがアクセスするサイトの場合、EU ユーザー合意ポリシー(英語)に準拠するため、設定をしていただく必要があります。詳細については、ヘルプセンターのよくある質問(英語)と、新ポリシー遵守のために設置された専用サイト「Cookie Choices」をご覧ください。


Posted by Jason Woloz - ポリシー プログラム マネージャー
2015 年 7 月 29 日

Posted:
編集者より: 昨日は、Google が不正操作(無効なクリックなど)を深刻な問題と考える理由と、AdSense ポリシーによるオンライン広告エコシステムの保護についてご紹介しました。今回は、アカウントを良好な状態に維持するための 7 つのおすすめ方法をご紹介します。
  • Google アナリティクスを活用して、サイトにアクセスしたユーザーとトラフィックを把握しましょう。
  • 分析データをこまめに確認して、トラフィックの異常を検出しましょう。アナリティクスのカスタム アラートを設定しておくと、予期しない国からの異常なトラフィックの検出が大変便利です。
  • トラフィックを購入する場合は細心の注意を払い、トラフィック サービス業者のチェックリストを参考にして契約を検討している業者と話し合いましょう。
  • 広告配置は入念にチェックし、コードにエラーがないか、AdSense のポリシーに準拠しているか、さまざまなブラウザや端末で正常に動作しているか確認しましょう。広告がページ上に適切に設定されていれば、ユーザーが誤って広告をクリックするのを防ぐことができます。
  • サイトの認証機能を使用して、広告コードの無断使用を防ぎましょう。
  • テスト目的であっても、ご自身で自分の広告をクリックしないでください。ご自身のサイトに表示される広告をクリックすることは禁止されています。自己クリックを防ぐために、Google サイト運営者向けツールバーを使用してください。
  • サイト上で不審な操作を検出した場合は、無効なクリックに関するお問い合わせフォームからご報告ください。

Posted by John Brown - AdSense ポリシー広報責任者
2015 年 7 月 29 日